カードローン 審査対策

カードローンの審査対策で重要なポイント

 

カードローンの審査対策として効果的なのは、希望額を減らすことです。
最もてっとり早く行える対策はこれしかありません。
「50万円借りれば間に合う」と言われる方は、もしかしたら40万円でも間に合うのかもしれません。
多くの方は、「多めに借りておこう」と考えるものです。
手元に多くのお金があるほど安心できるため、無意識のうちに必要な金額以上の借り入れを求めてしまうのでしょう。

 

希望額は減らせば減らすほど、審査結果がよくなるのは間違いありません。
100万円を絶対に借りられない方でも、10万円の希望額にすれば、あっさり借りられるケースは多いのです。

 

審査では、年収、職業、他社からの借り入れなどを精査されますが、これらを改善するのは困難でしょう。
転職して収入をアップさせて、他社ローンの返済をして、借入額・件数を減らす必要があるのです。
現時点でお金が必要な方にとっては、これは難しい話でしょう。

 

希望額を減らす以外の対策では、「借りられそうな業者を選ぶこと」があります。
各社の審査内容は、申込者が知ることは絶対にできません。
業者内部の人間にしかわからないことであり、わかったとしても他社との比較はできません。
つまり、業者の審査基準の厳しい・甘いは、誰にもわからないのです。

 

ただ、借りてほしい業者というのは、キャンペーンなどでアピールをする傾向があります。
期間限定の無利息期間を設定したり、パート・アルバイト・自営業のためのローンを用意したり。
こうした業者は顧客獲得に積極的であり、比較的借りやすい傾向があるのです。

 

借りやすそうな業者を1社だけ選んで、審査を受けてみるといいでしょう。
審査対策で重要なのは、審査を受ける業者を極力少なくすることです。
「1社目でダメなのに、5社目で借りられた」というケースは、非常にめずらしいことです。
1社目が一番借りやすいので、1社目で「借りられそうな業者」を持ってくるのがベストなのです。

カードローンの各社の審査基準は違うか

 

カードローンの各社の審査基準は異なります。
申込者は審査基準や方法を知ることはできませんが、業者によって申込条件に違いがあるため、審査基準も異なると考えられます。

 

一般的に審査で重視されるのは、借入額に対する年収になります。
業者側としては、同じ100万円を融資する場合でも、年収300万円と年収500万円の方では、後者の方に融資したほうが安全だと考えます。
年収が少ない方は高額融資を受けることが難しいので、希望額を少なくするといいでしょう。

 

職業や雇用形態についても、かなり重視されるポイントです。
特に銀行はチェックが厳しく、消費者金融と銀行系は銀行ほどは厳しくない傾向があります。
職業は「月々の収入が同額であること」が好ましいため、公務員が高く評価されるわけです。
会社員については、公務員よりも評価は下がりますが、ローン延滞などの問題がなければ、審査に通過することが多いでしょう。
季節雇用などの不安定な職業については、審査で厳しくチェックされるため、希望額はかなり低めに設定したほうがいいでしょう。

 

他社からの借入状況は、最近は消費者金融でも厳しくチェックする傾向があります。
最近のカードローンの比較サイトを見ると、「借入は○件までOK」といった表記をほとんど見かけなくなったでしょう。
現在において、借入先が2〜3社あると、新たに借りるのは厳しいのが現状です。
ローンを消化せずに新規契約するのではなく、既存のローン完済につとめるべきでしょう。